エントランスの鍵交換をDIYする方法!

エントランスのDIYキー交換はあまり難しくありません。

交換する前に確認したり、必要なものを準備したり、手順をしっかり握ったりすることで、簡単に行うことができます。

しかし、時にはあなたはそれに慣れていないと誤解されることがあります。

心に留めておくべきことがいくつかあります。

この記事では、入り口のDIYキー交換の方法を注意点で紹介します。

DIYを行う前に入場の鍵交換を確認する前に

入口の鍵が古くなったり、円周が悪くなったり、鍵自体が破損して鍵穴などに挿入できない場合、鍵交換が行われます。

交換する前に確認する必要のあることがいくつかあります。

あなたがDIYをする前にチェックするべきことがいくつかあります。

したがって、この章では、入り口の鍵交換を開く前に確認すべき事項を紹介します。

キータイプ

入り口でキーを交換する前に、キーの種類を確認する必要があります。

ディスクシリンダーキーだと思ったら少し違ってシリンダーキーでしたが、別のタイプのシリンダーキーでした!

それは何かのようなものかもしれません。

私は「私は鍵を買って交換する」と思ったとき、そのようなことになりたくはありません。

そのためには、あらかじめ鍵の種類を知っておくことが重要です。

・ディスクシリンダーキー

これは日本でよく使われているタイプであり、多くの家庭ではこの “ディスクシリンダキー”のようです。

それは摘みに弱く、安全対策になりにくい。

・ピンタンブラーキー

シリンダー内のタンブラーはピン形状であるため、「ピン・タンブラー・キー」と呼ばれています。

このタイプも頻繁に使用され、選択するのが難しくなりますが、セキュリティはあまり良くありません。

・ディンプルキー

キーの表面は慎重に扱われています。セキュリティ保護のために、上記の2つのタイプよりもはるかに優れています。

したがって、キーを交換している場合は、この「ディンプルキー」をお勧めします。

鍵交換に必要なもの

キーを準備して「今交換する」と言っても、キー交換に必要なのはキーだけではありません。

鍵交換には他にも必要なことがあります。

・測定器

その寸法を測定する計器を持つ方が良いでしょう。

キーをある意味で交換すると、「ドアが閉じない」ということができます。

・プラスドライバ

ドアクローザー等を取り外す際に必要です。

・プライヤー

固定ピンを外す必要があります。

鍵交換手続きを把握しましょう

彼らがやろうとしている手続きを握ること以上に鍵を交換すると、どこかで失う可能性があります。

したがって、事前に手順を確認してみましょう。

キーを交換すると、信頼性の高いディンプルキーになります!

あなたが入口でDIYキー交換に行くならば、我々は高度のセキュリティで非常にディンプルキーをお勧めします。鍵を開くのにどれくらいの時間がかかっているかは、「どの程度侵入されたか」を導く重要な要素です。

もちろん、入り口は家の顔になります。

意匠性などの表情もポイントになりますが、パフォーマンス面をしっかりと考慮し、防犯性の高いキーを選択しましょう。

DIYを試してみましょう!

エントランスでキーを交換する方法

入り口でDIYキー交換に行く場合は、交換手順を理解する必要があります。

実際には、入口キー交換をDIYすることは難しくありません。

基本的に、前の章で説明した「プラスドライバ」と「ペンチ」を使用すると、単に「キー」を準備するだけで簡単に作成できます。

「ここでどうすればいいの?」という質問に答えるために、この章では入口の鍵交換の手順を一度見てみましょう。

入口の鍵交換手順

・プラスドライバーを使用して、ドアの側面にあるプレートを取り外します。

・ペンチでシリンダピンを外し、シリンダを外します。

・取付穴を確認しながら新しいシリンダを取付けてください。

– 取り外したピンを新しいシリンダーに挿入します。

・取り外したプレートを取り付けます。

・キーを挿入し、スムーズに動作することを確認します。

予防措置として、取り外されたプレートおよびピンは、シリンダーの交換後に再使用されます。

それを失わないように分かりやすい場所に置いてみましょう。

DIYキー交換の際の注意点

入口の鍵交換をする際に注意すべき点がいくつかあります。

あなたが慣れていないことをすれば、間違いを犯すことがあります。そうでなければ、注文を回避することができます。

いずれにしても同じです。

同じことが入口の鍵交換をDIYすることです。

あなたはそれに慣れていないので、いくつかのピンを間違えて取り付けたり、新しいシリンダーを取り付けたり、取り外されたシリンダーを取り付けるなどのリスクがあります。

それぞれの手続きを慎重に確認しながらキーを交換しましょう。

あなたがそうするならば、間違いをすることはほとんどありません。

あなたが「自分で鍵を交換したくないが、できない人」であれば、専門の鍵交換専門家に相談してみましょう。

あなたが業者であれば、鍵交換に慣れているので安心することができます。

まとめ

エントランスのDIYキー交換はあまり難しくありません。

「プラスドライバー」と「ペンチ」、「キー」があれば簡単に行うことができます。

しかし、私は不注意ではない。

いくつかのピンを挿入することを忘れたり、取り外されたシリンダーを新しいシリンダーとして間違えたり、取り付けたりするなど、注意が必要なことがいくつかあります。

気をつけましょう。

もしあなたが “あなたのように自分で鍵を交換することはできません!”
鍵交換の専門家に相談してみましょう。

それはお金がかかりますが、私は自信を持ってリラックスできるので、心配する必要はありません。

関連記事

ページの先頭へ